CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< MacBookの素晴らしさ〜iMacG5,iMacG4との比較 | main | Umbilical Brothers >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
桑田とイチロー 認めあう二人
二人の言葉と態度、そこからうかがい知れる互いの心情が強く
印象に残った。

クールで自分にも他人にも厳しい求道の士ともいえるアスリー
トであるイチロー。

かたや全盛期はいざしらず、今や肩の力がよい意味で脱け、ひ
とつひとつのプレイの機会を謙虚に喜びベストの自分のパフォ
ーマンスをしようとする桑田。

[初顔合わせのチャンスの日(実際には対戦なし)]
桑田:「後ろにイチロー君が控えてましたから、その重圧をち
ょっと感じながら投げてました。見えない力で攻撃していると
いうか、それで崩れたピッチャーも一杯いるんだなと思いなが
ら...」


イチロー:(桑田を評して)「すごく力が抜けている感じがいい。
実際はどうなのか分からないですけど。でも、それを殺してい
る感じが好きです」「僕らが勝つためには、打たなくてはいけ
なかったんですが、ちょっと『抑えてほしいなぁ』という気持
ちもあったね。これまで、リーグは違って、日本でもほとんど
対戦してないですけど、長い間、時代を作ってこられた方です
から、ちょっとこう、特別な感情が...『ああ、いいもんだなぁ』
と思いました」「けがをしないのは何か特別なことをしているの、
と聞かれた。それで“特別なことをしないことが特別”と生意気
な答えをしてしまいました」

桑田:「(場面は)どこでもいいんですよ、僕は。行けといわれ
れば、どこでも投げる。20年かけて夢が実現したわけですから。
失うものは何もない」

[初対戦を終えて]
桑田:(イチローを評して)「さらっと水のように、しなやかだけ
ど力が伝わっている。求めているものは同じかもしれない」

イチロー:「もちろん打つ気満々でいきましたよ。あそこで打ち
取っていただきたいなんて全く思ってない。でも…、参りました」
「(桑田さんは)昔の自分でないことを受け入れている感じがす
る。それはなかなかできるものではない。ボール球で勝負するこ
とを受け入れている」

野球は門外漢の私の目にも、のびのびとし嬉々としてトップ選手
との戦いに臨む桑田と、心なしか気がはやり緊張し、リスペクト
するがゆえに真剣勝負で打とうと思うあまりに、ふだんと異なり
やや堅くなっていたかに見えたイチロー。

一流のみが一流を知る、か。ボールを介した濃密なコミュニケー
ション。戦いであり交歓であり、夢であり現実であり、海を越え
た本場のフィールドでの素晴らしき邂逅(かいこう)にブラボー!
| My favorite | 02:02 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 02:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kokugo.jugem.cc/trackback/265
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/01 8:35 PM |
EXTRA:世代を超えて
「昔の自分じゃないことを受け入れられている感じがしますよね。それは、なかなかできることじゃない。ボール球で勝負することを、受け入れているよね」 (イチロー:シアトル・マリナーズ)     「走攻守見てても、力み
| !? びっくり&はてな | 2007/06/23 6:31 AM |